バイオプで夢を叶えて海外旅行

バイオプで夢を叶えて海外旅行

国内のバイオプ口座と海外のバイオプ口座の違い

レバレッジというものがありますが、これは国内の口座での取引では最大二十五倍と定められています。これはトレーダーのリスク回避として設けられた規制ですが、これまで高倍率のレバレッジをかけていた人には物足りなさがあるようです。そのため、最近では海外のバイオプ口座も注目を集めていて、これにはレバレッジ規制がないというメリットがあげられます。

 

レバレッジ規制がないと、儲けられるときに儲けやすくなるというメリットがありますが、逆に損益のときには大きなリスクとしてのし掛かることが予想されます。けれどメリットを享受しようと、海外口座を開くのには、最近ではサポート体制も日本語対応だったりとやりやすいという側面があるようです。レバレッジ規制がないというだけで、国内口座と勝手は変わらないかもしれません。

 

しかし海外会社の中には、日本語対応でない、安全性、入出金のやりにくさなどのデメリットもあります。大切なお金を預けるのに投資とはいえ、その信頼性には気をつけないといけません。信頼性を確かめるためには、ネットでの評判なども一つの参考となるでしょう。一方で、国内会社であってもその安全性、信頼性などには目を配らないといけません。また、信頼性だけでなく使い勝手のよさなども大切なところです。

 

バイオプ会社で口座開設するときには、評判や使い勝手などを国内、海外に関わらず事前に調べてみることも大事ですし、開設したことがある人が近くにいたら評判を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

最小取引単位が小さいことのメリット

 

バイオプが広まり始めた頃の最小取引単位は10,000通貨単位で一般的でした。しかし、最近は1,000通貨単位、場合によって伊は100通貨単位で取引できる会社も現れてきました。小さな取引単位で発注できることのメリットを考えてみたいと思います。

 

まずは資金が少ない場合にも自由にポジションが持てることが上げられます。例えば米ドル円を10万円程度で取引しようとした場合、10,000ドルのポジションを持った場合、損失方向に1円動いただけで1万円の含み損が出ることになります。これは全資金10万円の10%にもあたり、リスクとしては大変危険な状態です。1000ドルのポジションで押さえておけば1円逆行しても1,000円の含み損で全資金の1%の損失で収まっています。

 

また、例えば資金100万円程度で始めた場合でも100万円あたり10,000通貨単位で取引すると決めておき、資金の増減によりトレード単位も比例して増減するという(いわゆる複利運用)方法を行うには1,000通貨単位あるいは100通貨単位でコントロールできた方がスムーズに資金を有効利用できます。最近では以前ほど多くはないと思いますが、スワップ利益を狙うトレード手法があります。この場合もスワップ運用益をポジションに繰り入れていき複利的にスワップ利益を増やしていくことが有効ですが、もちろんより小さな単位でポジションをコントロールできたほうが効率よく増やしていくことができます。

 

このように、資金が少ない場合も、多い場合もポジションのサイズを細かくコントロールできるというメリットを受けることができるのがメリットとなります。

 

 

気持ちの切り替えができないならFX自動売買

 

パチンコなどとトレードを同じに考えては、他のトレーダーに対して失礼千万なのは重々承知の上ですが、たとえばパチンコをする人は、大きく儲けた話はいつまででも覚えていても、負けたことは忘れます。また勝った経験や経緯を覚えていても、負けた経緯や経験は生かそうとはしません。仮にハマってしまい、自分が大金を突っ込んでしまったパチンコ台に「今ここで席を離れ、他の人が大当たりを引いたらどうしよう」といった気持ちが邪魔をして、他の台に移動することができなくなります。

 

更にお金を突っ込みます。それで大勝ちすることも確かにありますが、実際には大負けしてしまっていることの方が多い。ただし記憶の中では「大勝ちに結び付いた記憶」の方が鮮明です。もし3千円しか打っていない時点で、「これはこれから先3万円突っ込む最初の3千円かもしれない」と考えることができ、その台を諦めて他での勝負に切り替えていれば、勝ちは飛躍的に延びるはずなのです。

 

「次の千円で当たるかもしれない」と諦めきれずにだらだらと投入し続ければ、大負けに繋がります。こういったよこしまな心の迷いが生じるから、パチンコは勝ちません。もし「ここで辞めて、仕切り直す」、これができるメンタルを持ち合わせていれば、勝てる勝負です。この「実経験を生かす」が、FX自動売買です。理論的に考えた時に「こうするべきである場面」において、確実にその方法を選択してくれます。

 

自分では雑念が入って出来ないことを、FX自動売買は、いとも簡単に行ってくれます。もちろん自分の分身ですから、「勝ち方」は自分の理想形です。「こうした時には勝った割合が多い」「こうすると大負けしたが、こうすれば負けを小さくできたはずだ」といった経験を、FX自動売買の中に組み込んでゆきます。初心者で、生かせる経験がない人は、今儲かっているトレーダーの手法をまねたものを、システムに組み込めばいいだけです。それが経験になりますので、そのデータから自分のトレードを確立させればよいでしょう。

 

最近は、バイオプ証券会社の多くはネット証券になってしまい、「外務員さん」からの知識が入手できないまま、必要な情報のない状態で、

 

やみくもにトレードされている方も多いかと思います。

 

いろいろなトレーディング技術は教える方がいますが、情報収集の大切さ、つまりトレンドを形成するファンダメンタルを無視する人が多いです。

 

せいぜい、FRBがどうとか、雇用統計がどうだとかです。

 

ところが、昔から取引をしている人が重視しているものは、ファンドや大手証券がどのポジションを多くとっているか?

 

これを、重要視しています。

 

コマーシャルペーパーのことは、検索で出てきますが、ノンコマーシャルペーパーの解説は、

 

残念ながら出ていません。

 

 

コマーシャルペーパーとは、実際の企業が外国企業との取引の使用している為替決済の手形のことです。

 

それ以外のものを「ノンコマーシャルペーパー」と呼びます。

 

ここでは、どのファンド・投資銀行・証券会社の自己取引でプット・コール、どちらに偏っているかが見られます。

 

 

ことに、GS(ゴールドマンサックス)が有名ですから、ここに着目する方もおいです。

 

でも、それも今は昔。

 

今、一番多くの取引をしているのは、「エッジ」というファンド(合弁)です。

 

そこが、他を引き離して、多額の取引をしているのです。

 

ここがどちらに傾いているか?

 

これをサマリなどや、外電で見られることが、どれだけ有利かわかると思います。

 

ところが、バイオプでは、どうでしょう?

 

あまり重要視していないのでは?

 

どこかで、入手できるかどうか、確かめてみては?
(外務員のいるバイオプ会社にサブ口座を持てば教えてくれます、簡単に)

続きを読む≫ 2015/04/14 10:44:14

2015年4月7日の東京時間午後、豪州銀行政策金利で豪ドル円が大きく動きました。当日の朝は大人しい値動きをしていて、値幅はあまりなくてやりにくかったです。ここ何ヶ月間か政策金利発表のあとは少しだけ下げてあまり変化がないか、あまり動かないのどちらかだった気がします。しかし、この日は違いました。発表直後、利上げがあったわけじゃないのに、発表直後1円近く急騰しました。私も波に乗りたかったのですが、お皿洗いをしていて気づいたときにはすでに遅しでした。その当日の午前中、豪ドル円のトレードでこうしていこうっていうのをいろいろ考えていたんです。すべての時間足のチャートを見ると、ここだと思う上値抵抗線を発見しました。豪ドル円は、まだ全然そこに接近してきていなかったのに、もしかしたらと思って指値しておくことを考えました。でも、あまり動かない様子を見ていたら無理だと思って指値を諦めました。政策金利発表前にその位置に指値と損切りを置いていたらと思うと、怖いです。発表後、抵抗線だと思った部分を軽く抜けて5分もしないうちに損切りです。トレードチャンスを逃したのは残念だったけど、下手に売りをしかけなくてよかったです。今までの経験から、こうしようと考えて実際やった日って、まさかのことが起こりやすい傾向があります。強い抵抗線を意識して買いなり売りを仕掛けた日は突破されてしまい、損切りになっていることが多いです。もっと前にやっていれば成功したのに!と、そんなことの繰り返しです。

続きを読む≫ 2015/04/14 10:44:14
ホーム RSS購読 サイトマップ